財産分与

代表弁護士 橋本有輝

夫の浮気がもとで離婚することになったんだから、財産はできるだけ多くほしい
離婚後の生活を安定させるためにも今住んでいる家は絶対に譲れない
今の財産は自分が稼いで築き上げたものだから、妻に取られたくない
自分の会社の株は妻に取られたくない

など、財産分与についてトラブルになることは多々あります。

財産分与は、しいていえば

結婚期間中に築いた「どの財産を」「どのように分けるか」ということにつきます。

まず離婚時に「どの財産を」わけるかをみていきます。

 

①財産分与の対象となる財産

財産分与では、

「結婚してから夫婦が協力して取得し、また維持してきた全ての共有財産」が対象です。

現金,預金、家、土地,自動車、生命保険、家財道具など全てです。年金も含まれることに注意が必要です。
借金や住宅ローンなど、マイナスの財産も対象です。

他方で、結婚前から持っていたおのおの財産は対象ではありません。
ギャンブルや浪費で一方が勝手に作った借金も対象ではありません。

この①に関して次の2点が注意すべき点です

まず、相手に隠している財産がないか?というのが1点目です。
ケースによっては相手が財産を隠している場合が存在します。
たとえば,へそくりや、相手に知らせずに一方が勝手に作った銀行口座です。
当事務所では相手の財産についてはできる限り調査をして、その財産を明らかにしています。例えば、裁判になった場合には、相手方の預金であっても銀行に対しその情報の開示を求めることができる場合もあり、当事務所は、そのようなケースについても多数の経験があります。

次に、把握した財産に見落としがないか?というのが2点目です。
現時点で存在している財産は,あまり見落とすことはありませんが、将来もらえるような財産は見落としてしまいがちなのです。
将来もらえる財産の典型例が退職金です。
退職がある程度迫っているような場合には、いまだもらっていない退職金も財産分与の対象となります。
また、生命保険、いわゆる積立型であれば、解約返戻金があります。この場合,その生命保険の解約返戻金も財産分与の対象になります。

 

②財産を「どのようわけるか」

①で財産分与の対象とした共有財産をどのように分けるかです。
ご相談者の方で、
「自分が働いて稼いできたのだから妻には渡したくない」
「働きにも出てしかも家事も私が全てやっていて夫は何もしていないんだから,私のほうが多くもらえないとおかしい」

とおっしゃった方がいらっしゃいました。
夫婦にはいろいろな形がありますので、裁判所が「財産形成にどちらがどれだけ貢献したか」というのをはたから見ただけで算出するのは難しいのが現状です。

そのため、財産分与は,基本的には5:5でわけることが通例です。
これは一般的に,「1/2ルール」と呼ばれるものです。

しかし、5:5という分け方が通例となるのは,あくまで裁判のときです。

協議離婚や調停離婚なら、財産分与の比率もお互いの合意によりますので、5:5という分け方に縛られず自由に比率を決めることが可能です。

また,慰謝料を支払う代わりに,その分を加味して財産をもらうという「慰謝料的財産分与」や
離婚後の生活を経済的に安定させるために、妻が多めにもらう「扶養的財産分与」もあります。

くわえて、相手との交渉次第で、1/2ルールよりも多くもらえるということも多々あります。

現金の場合には、分け方はあまり問題となりませんが、
財産に土地や家、自動車、家財道具、株式など、
様々なものが含まれると、財産分与の仕方も困難になります。

このような複雑な財産分与こそ、相手とのやり取りを有利に進める交渉力と専門的な法律知識が必要になることは皆様にもご理解いただけると思います。

当事務所では、財産分与に関して実績が多数ございます。

「弁護士に頼んだことで,いまの家に住みながら、相手に住宅ローンを払ってもらえる,という条件で解決できた」
「はじめは相手から400万円くらいの財産を渡せと言われていたが最終的には,2000万円以上の財産をもらうことで解決した」

などというケースも珍しいものではありません。

財産分与でお困りの際は当事務所にご相談下さい。

 


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP