不倫相手への慰謝料請求について

ご相談配偶者だけでなく、不倫の相手方に慰謝料を請求できるか?という質問をよく頂きますが、不倫の相手方に対しても慰謝料を請求することはできます。

配偶者との離婚手続と並行して、あるいは離婚はしない場合でも、不倫相手に慰謝料を請求することができます。

不倫相手への慰謝料請求はどれくらいできる?

慰謝料の金額は数十万円から300万円程度であることが多いです。
もっとも、不貞のあった時点で,既にあなたたち夫婦の婚姻関係が破綻していたと場合には、慰謝料請求が認められない,ということもあります。

慰謝料請求をする方法・手順

まず、不倫の相手方が,「どこの誰なのか」ということが特定されている事が大前提です。それが判明していて慰謝料請求をする場合、まずは「話し合い」をすることになります。ただ、この場合ですと、単に話し合いたい,と申し入れても、無視されたり、変にもつれてトラブルに発展してしまうなどの事がよくあります。
「話し合い」という手段をとるとしても,弁護士に相談し、弁護士から正式な内容証明を送った上で、弁護士を通して話し合うことがより高額な慰謝料をとる方法です。(詳しくは、慰謝料請求するには、をご確認ください。)

以下のようなことでお悩みの方は、弁護士にご相談ください。

○不倫相手に慰謝料を請求したい
○不倫相手に慰謝料を請求したいが、相手と直接話し合いはしたくない
○離婚する気はないが、不倫相手に慰謝料を請求できるか相談したい


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP