婚約破棄の慰謝料請求

婚約とは

婚約とはつまりは,結婚の予約をすることです。
法的義務がなく書面でのやり取りがなくとも両親への結婚の挨拶、口約束だけでも婚約とみなされます。しかし結婚を確約するものではありません。

婚約関係から生じる権利・義務

婚約をした以上、婚約をした双方とも結婚に向けて誠実に努力する義務があります。正当な理由もなく婚約を破棄されると、債務不履行として、婚約を破棄された人は相手方に対し、婚約不履行による損害賠償請求をするということも可能です。

婚約破棄の慰謝料の相場

慰謝料は婚約期間、肉体関係の有無、相手側の社会的地位、資産、破棄の理由を総合的に判断し金額は決まります。裁判で争うと、30~500万円と幅がありますが,30~200万位が相場となっています。

婚約破棄の慰謝料の請求方法

まず,正当な理由もなく婚約を破棄された場合は慰謝料を請求することが出来ます。婚約を破棄できる正当な理由として挙げられるのは、不貞行為があった、性的不能がある、暴力・DVを受けた…などです。しかし、家族の反対、婚約前の男女関係、性格の不一致などは婚約を破棄できる正当な理由には当たりません。

婚約を破棄したい、となり慰謝料を請求するとなったらまずは内容証明を書きます。内容証明は,慰謝料を請求するものです。内容証明を送ったらここから示談に入ります。示談が成立した場合は示談書(公正証書)を作成しておくと良いです。ここで相手が拒否し、決裂した場合は裁判になります。

注意点として、相手が結婚していた場合(不倫)こちら側の婚約は無効になります。しかし相手に「離婚するから…」などと言われていた場合は慰謝料請求が可能です。

婚約関係の証明方法

婚約破棄で慰謝料請求する場合、相手からの反論としてよくあるのは、「自分は内縁関係にあったと思っていない」というものです。その場合には,自分と相手との間に婚約関係があったことを証明する必要が出てきます。

前項目で説明したように、口約束でも婚約は成立します。しかし、婚約破棄で慰謝料請求された側が「そんなこといった覚えがない」と言ってくれば,こちら側で婚約関係を証明するということが必要となってきます。

婚約関係を証明するには、婚約指輪の授受や結納、式場予約などの事情があれば婚約が成立していたと認められやすいということになります。また、結婚について会話をした時の録音・メール、日記等の内容によっては、それらが婚約成立の証拠となります。


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP