Q 【離婚と年金分割②共働き夫婦】離婚協議中で、妻が私の年金を分割するよう言っています。私も妻も会社員として働いており、総収入額は妻の方が多いのですが、年金を分割しなければならないでしょうか。

A 妻の年金計算額の方が多ければ、夫の年金を妻に分割する必要はなく、逆に夫が妻に年金分割を求めることができる可能性があります。

共働きの夫婦の場合には、それぞれが婚姻期間中に加入していた厚生年金または共済年金の期間につき将来の老齢年金(2階部分)の額を計算し、その差額を解消するために金額の多い方から少ない方に年金を分割することができます。分割割合には、2分の1を上限として、夫婦間で合意するか、合意できない場合には、家庭裁判所 に年金分割の割合を定める調停 または審判 を申し立てることになります(離婚から2年以内の期間制限があります)。離婚前であれば、離婚調停の 手続きで話し合うこともできます。

なお,相手の年金の額・加入状況・分割した場合の具体的な年金の金額を知りたい場合は,年金事務所に,「年金分割のための情報提供請求書」を提出して,情報提供を受けることができます。


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP