Q  【不貞相手に対する慰謝料請求】夫が浮気相手へのメールを私に誤送信して、浮気が発覚しました。浮気相手は、夫から独身だと聞き、結婚指輪もしておらず、共通の知人もなく奥さんの存在を知る由もなかった、結婚を前提に付き合ってほしいと何度も言われて付き合うようになった、と言っています。この女性に慰謝料を請求することはできませんか。

A 相手の女性の言い分が認められれば、残念ながら慰謝料の請求は認められない可能性が高いでしょう。夫婦の一方が貞操義務に反して不貞行為に及んだ場合、離婚原因になると共に、他方の配偶者は、不法行為に基づく損害賠償請求として、不貞を行った配偶者と不貞相手にも慰謝料を請求することができます。しかし、ご質問のケースでは、妻がいることを知るきっかけもなく、相手の女性には故意も過失もなく責任を問うことはできないとして、慰謝料の請求は認められないでしょう。

 なお、夫の不貞行為について、夫と不貞の相手双方に慰謝料を請求する場合、夫のみに請求する場合、不貞の相手のみに請求する場合、いずれの場合も妻が賠償を受けられる金額の上限は同じです。夫の不貞行為によって妻が被った精神的苦痛を慰謝する趣旨ですので、請求する相手が2人であっても金額が増えるということはありません。


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP