Q 【婚姻破綻後の不貞行為】 妻とは結婚後1年で別居し,もう10年になります。直近5年はお互いに連絡さえとっていません。子供はおらず、共働きで、仕送りもしていません。私は半年前から交際を始めた女性との結婚を考えており、妻に連絡して離婚を申し出たところ、離婚はするが、結婚中の浮気なので慰謝料を支払うように言います。慰謝料は払うべきでしょうか。

A 妻に慰謝料を支払う必要はないと思われます。戸籍上では婚姻関係にありますが、結婚後の同居期間が1年であるのに対し、すでに別居期間は10年に及び、直近5年は連絡もとっておらず、双方が経済的に自立していたことからすると、お互いに夫婦として共同生活を維持させる意思は失われており、客観的な状況からも、少なくとも女性と付き合い始めた半年前にはすでに婚姻関係は破綻していたと考えられます。

婚姻関係が破綻していたのであれば、本来夫婦間で守られるべき貞操義務自体が保護するに値しません。女性と性的関係をもった時期が婚姻関係の破綻後であると認められれば、慰謝料を支払う必要はありません。


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP