Q 【離婚に伴う慰謝料】25年にわたり、性格の合わない夫との婚姻生活を我慢してきましたが、子供たちが就職したので、離婚しようと考えています。細かい性格の夫で、大きな精神的苦痛を受けたので、慰謝料を請求したいのですが、可能でしょうか。

A ご質問の事情によると,主に性格の不一致を原因として離婚を決意されたようですので、残念ながら夫に慰謝料を請求することは難しいと考えます。離婚を決意する場合には、ほとんどのケースが婚姻生活で精神的苦痛を受けていると思われます。

しかし、実際に慰謝料請求が認められるのは、婚姻破綻の原因となる不貞行為や暴力等、いずれか一方に法的に責められるべき理由があるような場合に限られます。こうした事情がなく,単に性格の不一致による離婚の場合は、慰謝料請求は認められない可能性が高いでしょう。


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP