Q 【財産分与①―分与の割合―】 夫と離婚協議中です。夫婦共働きで、夫の収入は私の収入の3倍ほどありました。財産分与でもめていて、夫は財産は収入に応じて分けるべきで、3分の2を取得すると言い張ります。家事や育児など家のことは全て私がしていましたし、2分の1に分けてほしいのですが、どうすればいいでしょうか。

A ご質問のケースでは、特段の事情がない限り、妻の財産分与は2分の1と考えていいでしょう。夫婦が婚姻中に協力して築き上げた財産は、名義とは関係なく共有財産であり、財産形成の貢献度は、原則2分の1と考えられています。夫婦間に収入の格差があっても、妻は家事や育児を全て引き受けており、婚姻期間中に築き上げた財産への貢献度が特に夫に劣る事情もありません。

協議で折り合いがつかない場合、離婚前であれば家庭裁判所に離婚調停を申し立て、調停で合意を目指すことになります。離婚後であれば、家庭裁判所に財産分与請求調停を申し立てましょう。


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP