Q 【面会交流を求める方法】 妻を親権者とする方向で離婚協議中ですが、妻が子供には会わせたくない、と頑なです。離婚後も子供と会うためにはどうすればいいでしょうか。

A 両親が離婚した後も、子と離れて暮らす親は面会交流を求めることができます。面会交流について妻と話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所に子の監護に関する処分(面会交流)の調停を申し立てましょう。なお、この調停は、離婚前で、両親が別居中で子との面会交流について話合いがまとまらない場合にも利用できます。

 調停では,子の健全な成長に資するように、子の年齢、性別、性格、就学の有無、生活のリズム、生活環境等を考えて、子に精神的負担をかけることなく、また子の意向を尊重するよう配慮しながら、面会交流の面会の回数,日時,場所等の具体的な内容・方法の話合いが進められます。調停で話合いがまとまらなかった場合は、自動的に審判の手続きが開始され、裁判官が、一切の事情を考慮して決めることになります。

 面会交流の内容等が決定したにも関わらず、正当な理由なく妻が面会交流を妨害する場合には、家庭裁判所に対し履行勧告や間接強制の申し立てをしてみるのがいいでしょう。

当事務所での面会交流に関するサポートはこちら


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP