Q 【養育費の算定方法】夫と離婚協議中ですが、養育費でもめています。夫は会社員で年収500万円、私は、パート勤めで年収170万円(いずれも源泉徴収票の支払額)、8歳と4歳の子供がいます。養育費はいくらぐらい請求できますか。

A 養育費算定表によると、今のご収入での標準的な養育費(子供2人分)は、ひと月あたり6万円から8万円が目安となり、まずは夫婦間で協議することになります。協議で決まらなかった場合には、家庭裁判所に調停を申し立て、調停でも決まらなかった場合には、審判や判決で裁判所に決めてもらうことになります。

なお、養育費の支払いが滞った場合に備えて、協議で決定した場合には、決定事項を公正証書に強制執行受諾文言を付して作成しておくことをお勧めします。支払いが停止した場合には公正証書が債務名義となり、直ちに強制執行が可能となります。


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP