Q 【親権者の変更】妻を親権者として離婚しましたが、元妻は再婚して再婚相手との間に子供が生まれると再婚相手と一緒になって手を上げるなど息子にきつくあたっているようです。親権者の変更はできますか。

A ご質問のケースでは、離婚後の親権者側の事情の変更により、親権者の変更が認められる可能性があると考えられます。いったん定められた親権者の変更は、当事者間の合意だけでは認められておらず、必ず、家庭裁判所での親権者変更の調停や審判といった手続きを経て、裁判所が子の利益のため必要があると認めた場合に可能となります。

具体的な事情として、他に、親権者が重病になり十分な養育ができなくなった場合や,子に対する監護を放棄して所在不明になる場合,親権者の同居相手が子に虐待を加えるようになった場合、等が考えられます。


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP