Q 【離婚原因-浪費-】妻が勝手にブランド品等に浪費し、合計1000万円の借金をしていました。消費者金融にも手を出していたようです。生活費としては35万円妻に渡しており、夫婦二人の生活には十分足りていたはずです。浪費のうえ、多額の借金をしたことは許せず、妻に離婚を申し出ましたが、応じようとしません。離婚は認められないでしょうか。

A 借金の金額、借金をした事情、返済に関する夫婦間の協力可能性、その他の夫婦間の問題の有無などの事情を総合的に考慮して判断されますが、離婚原因である「婚姻を継続し難い重大な事由」があるとして、離婚が認められる可能性があります。

夫婦は、相互に協力しながら婚姻関係を維持するよう努めるべき義務(協力・扶助義務)があります。夫婦は経済的にも一体的といえるので、遊興費、ブランド品購入等のため無断で多額の借金をして浪費する行為が、家計を圧迫し、円満な婚姻生活を破綻させた場合には離婚原因となりえるでしょう。

まずは、妻と離婚に向けた協議を試みて、協議離婚ができないようであれば、家庭裁判所に離婚調停を申し立て(調停前置主義)、調停が不成立となった場合には、離婚訴訟を提起することになります。


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP