Q 【協議離婚】 夫に離婚したいと伝えました。夫は離婚に同意し、話し合いで進めたいと思っています。この場合、注意すべき事項はありますか。

A 協議離婚成立前に諸条件についてできるだけ話し合い、離婚協議書を作成して取り決めた事項を記載するだけでなく、公正証書にしておくことをお勧めします。

 離婚時に取り決めるべき主な事項としては、①未成年の子供のこと(親権者・養育費・面会交流)、②財産分与、③慰謝料、等が挙げられます。必ずしも離婚時に決めなくても離婚は可能な事項もありますが、離婚成立後は話し合い自体が難しくなるうえ、一度取り決めても、将来的に支払いが止まる恐れもあります。この協議内容は極めて重要ですので、弁護士に相談のうえ決めることをお勧めします。


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP