面会交流について

相談室A「親権は渡してしまったが、子供には定期的に会いたい」

一緒に住めなくても、子どもに会いたいと思うのは親としてあたりまえのことです。

親権を持たない親が、子どもに会って一緒に時間を過ごすことを、面会交流といいます。

子どもに会う頻度、場所などは、子どもの年齢,性別,性格,就学の有無,生活のリズム,生活環境等を考えて,子どもに精神的な負担がかからないように十分配慮して、子供の意思も考慮して決めることになります。

ただし,あなたが子どもと会うことで子どもに悪影響を及ぼすと認められる場合には、面会交流が制限されるということもあります。

「離婚の話し合いがこじれて正式に離婚をしたわけではないが,妻が子どもを連れて実家へ帰ってしまった」、
「妻が夫を子どもにあわせないようにしている」といった場合は、離婚成立の前後を問わず、夫は家庭裁判所に面会交流を求めて調停や審判の申立をすることができます。

面会交流の拒否・制限・停止は可能か?

親権者でない親または監護者でない親に、子どもを会わせないようにするということは原則認められません。親が子どもと面会交流する権利は、親が当然にもっている権利であり、かつ、子どもにとっても親に会うことが子どもの成長にとって有益だからです。
これは、最近の裁判所の考え方としても確立されたものです。

ただし,面会交流を制限したり停止するといったことが認められる場合もあります。
相手が勝手に子どもと会ったり、子どもを連れ去ろうとした場合、過去に子どもに対する暴力があった場合は、親権者の親は,面会交流権の制限を家庭裁判所に申し立てて,相手方の面会交流を制限したり停止するといったことができます。

さて、面会交流の具体的な内容を決めるとき、注意しなければならないことがあります。それは、取り決めをした後になって、子どもを監護している親が「やっぱり相手に子どもを会わせたくない」として面会交流の約束を破るということがあります。そのようなことを防ぐためにも、約束を破られないよう対策をたてることもできます。
この場合の取り決めの手法等については、法的に難しい問題を含んでいますので、豊富な経験を有する弁護士から適切なアドバイスをもらうことが大切です。

お子様との面会交流は、一人の親として極めて重要な事柄です。
後で後悔しないためにも、ぜひ一度当事務所にお越しください。

離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP