裁判離婚(さいばんりこん)

調停が不成立となった場合、またはいずれかが審判に異議を申し立てた場合には、離婚を求める当事者が離婚訴訟を起こすことになります。訴訟を起こす裁判所は、夫婦のどちらかの住所地の家庭裁判所です。
離婚訴訟では、離婚を求める当事者が、法律で定められた離婚原因があることについて主張・立証を行います。裁判所が離婚原因があると認めた場合には、離婚を求めた側の勝訴となり、判決が確定することにより、裁判離婚が成立します。
裁判の期日は大体1、2か月に1回程度で、1年程度の期間を要することが多いです。また、通常は裁判で夫婦双方の尋問を行うことになります。


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP