協議離婚(きょうぎりこん)

裁判所が関与することなく,夫と妻が離婚するという合意にもとづいて離婚する手続きです。
離婚に合意ができれば、離婚届 に必要な事項を記載し、離婚する夫婦と成人2名が署名・押印して役所に提出し、役所で受理されることで離婚が成立します。未成年の子供がいる場合、親権者を決めて離婚届出用紙に記載しなければ受理されません。
協議離婚は手続きが簡易で費用がかからず,離婚成立までの期間も短いことがメリットです。
他方、夫婦のどちらかに離婚する意思がない,離婚には同意しているが親権や養育費,財産分与といった条件で合意ができない場合には,協議が進まず,当事者だけで離婚を成立させることが難しいこともあります。また、諸条件は離婚後に話し合う、とりあえず決めておく、といった状態で離婚を成立させても、離婚後にちきんと話し合う機会を設けることは難しく、諸条件は改めて裁判所を通じて話し合うこととなったり、場合によっては、請求できなかったということもあり得ますので、慎重な決断が必要です。
協議の結果、取り決めた内容は、離婚協議書として書面にしておくことで、後に取り決めの有無で争いが生じることを防止できます。


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP