ストーカー規制法(すとーかーきせいほう)

正式名称は、ストーカー行為等の規制等に関する法律です。
被害者の保護を目的として,「つきまとい等」と「ストーカー行為」を処罰する規制と,被害者への援助等を中心に定めています。

⑴「つきまとい等」とは

特定の者に対する恋愛その他の好意又はそれが満たされなかったことに対する怨恨を充足する目的で、その者又は家族等に対して行う①つきまとい・待ち伏せ・押しかけ,②監視を告げる(「何時に××を食べたね」と伝える),③面会・交際の要求(プレゼント受領要求含む),④乱暴言動,⑤無言電話、連続電話・ファックス,⑥汚物・動物の死骸等送付,⑦名誉棄損,⑧性的しゅう恥心の侵害、をいいます。

⑵「ストーカー行為」とは

同一の者に対し「つきまとい等」を繰り返し行うことです。ただし,①~④については、身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせる方法で行われた場合に限ります。

⑶規制・罰則の内容

ア 警告:つきまとい行為があれば、警察に申し出て,警告の発令を求めます。警告に拘束力はなく,あくまで警告を受けた本人に自粛を促す手続きです。
イ 禁止命令:警告を受けた者がつきまといを止めない場合,公安委員会につきまとい行為反復の「禁止命令」発令を求めます。禁止命令違反は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金で,禁止命令違反を根拠に告訴することができます。
ウ 告訴:つきまといが反復しストーカー行為に至れば,直ちに告訴できます。6月以下の懲役又は50万円以下の罰金が規定されています。

※ストーカー規制法については、大阪府警察の以下のホームページもご参照ください。
https://www.police.pref.osaka.jp/05bouhan/stalker/index.html

※よくあるご質問【元夫からのストーカー行為】もご参照ください。


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP