児童扶養手当(じどうふようてあて)

 父母が離婚するなどして父又は母の一方からしか養育を受けられない一人親家庭などの児童(18歳到達後最初の3月31日までの児童)のために、地方自治体から支給される手当です。
  支給額は、請求者又は配偶者及び扶養義務者(同居している請求者の父母兄弟姉妹など)の前年の所得(1月から6月の間に、請求書を提出される場合は、前々年の所得)によって、全部支給、一部支給、全部停止(支給なし)が決まります。
  毎年、8月1日から翌年の7月31日までを支給年度として、年単位で手当の額を決定します。
(毎年8月に現況届を提出していただき、児童の監護状況や前年の所得等を確認した上で、8月分以降の手当の額を決定します)。
(1) 手当の月額について   
平成28年4月以降
対象児童1人:全部支給42,330円、一部支給42,330円から9,990円
対象児童2人目:5,000円を加算
対象児童3人目以降1人につき:3,000円を加算

平成28年8月以降
対象児童1人:全部支給42,330円、一部支給42,320円から9,990円
対象児童2人目:全部支給10,000円、一部支給9,990円から5,000円を加算
対象児童3人目以降1人につき全部支給6,000円、一部支給5,990から3,000円を加算
※手当の月額は、「物価スライド制」の適用により、今後改定されることがあります。
(2) 一部支給の手当額の計算方法について
  一部支給は、所得に応じて月額42,320円から9,990円(対象児童一人の場合)の間で10円きざみの額となります。

※大阪府の児童扶養手当に関する詳細は、以下の大阪府のホームページをご参照ください。
http://www.pref.osaka.lg.jp/kateishien/teate/jifu.html


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP