協議離婚

ご相談

「離婚を考えている」

このようなとき、どのように手続きを進めれば、離婚ができるでしょう?

離婚の解決方法としては,①協議離婚→②調停離婚→③裁判離婚の順序で進みます。

協議離婚とは、読んで時のごとく「話し合いで解決する離婚」です。日本の離婚はほとんどがこの協議離婚ですので、皆さんが初めに考えるべきなのが、この協議離婚です。

しかし、「話合いをするだけなら弁護士に頼まなくても出来るはずだ!」と思って、自分たちで協議を進めてみたものの、お互いに無茶な言い分を言い合って、話し合いが進まず困ってしまう方が多くおられます。

また、早く離婚を成立させたいという気持ちだけが早ってしまって、とりあえず離婚だけを協議で決めたものの、今度は、離婚は成立したけど,養育費や慰謝料をきちんと決めていなかったということで、離婚以外の他の問題に直面してしまう事例も非常に多いです。

さらに、相手から「養育費は一人2万円が相場だから,それ以上は支払う義務はない」とか「弁護士に頼めばお金が何百万もかかるぞ。そんな金もってないだろ。早く離婚届にはんこをつけ」などと,完全に誤った情報を伝えられ、それを鵜呑みにして離婚してしまい、後で後悔する人も多くおられます。

このような問題が起こらないために、弁護士がいます。

協議離婚の段階で弁護士が入るメリットは

 

 

協議離婚段階において弁護士が介入するメリットとしては

①法律にのっとった適切な内容の離婚条件の交渉ができ、あとで後悔しなくてすむこと
②専門家が離婚協議書を作ることにより後のトラブルを未然に防止することができること
③何より、本人たちで話し合う必要が無く弁護士が依頼者様に代わって相手と話し合いを進めることができることです。

実は、この③の理由がために弁護士に依頼したいという希望が多いです。やはり、一度夫婦関係が壊れてしまったなかで、お金や子どもの絡む離婚条件をお互いが冷静にきちんと話し合うことはかなり難しく、精神的に極めて辛いことです。

このとおり、協議であるとしても、弁護士が入るメリットは十分ありますので、皆様も、早い段階から弁護士に相談することによって,離婚問題の早期解決や納得のいく解決をしていただきたいと思っています。

当事務所には,離婚問題に詳しい弁護士が多数在籍しています。ぜひ一度,当事務所にご相談に来てください。


離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP