ダブル不倫など双方に原因があった場合

ご相談離婚における慰謝料は、不貞をした側に対して慰謝料を請求することができます。しかし、ダブル不倫などのように、双方に離婚の原因があった場合は慰謝料を請求することはできないということになっています。

他方で、A夫婦の夫が妻の浮気相手に対し、B夫婦の妻が夫の浮気相手に対しそれぞれ慰謝料請求を行なうことは可能です。しかし、ダブル不倫があっても離婚をしない場合であれば、浮気相手に請求した金額の相当部分を結局は夫婦が負担することになるということ(浮気の慰謝料は配偶者との共同不法行為ですので、結局配偶者が相当部分を負担しなければならないのです)が予想されますので、折角それぞれが慰謝料請求に時間と労力とお金をかけたのに、結局夫婦それぞれが浮気相手にお金を払わなければならなくなり,努力が無駄になる,ということがあり得ます。このようなダブル不倫のケースでは、夫側、妻側双方が慰謝料請求を放棄するという形で解決を図ることも考えられます。

ただし、それには前提として、配偶者が不貞行為について知っていること、そして双方の夫婦が離婚をしないなどの条件があります。つまり、例えば配偶者が自身の不貞行為について知らない場合については、配偶者に自身の不貞行為について知られないようにするのか、慰謝料の減額を目指すのかによって、方針が変わるということになります。ここまでみていただいたように,ダブル不倫の対処はとても複雑で法的にも難しい問題がありますので、慰謝料請求の専門家である弁護士にまずご相談をして頂き、アドバイスを受けた上でご判断していただくことが大切になります。

もし、ダブル不倫などのように双方に原因がある場合でお悩みになられている方も、ぜひ一度当事務所にお越しいただき弁護士にご相談ください。

離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP