「不貞行為やDVで請求できる慰謝料を知りたい」

1 慰謝料が請求できる場合

慰謝料は,相手方の違法行為によって被った精神的苦痛を金銭的に評価して,評価された精神的損害を補てんするものです。

夫または妻の一方が夫婦関係を破綻させる原因を作って離婚することとなった場合,相手方に対して慰謝料を請求できます。

典型的な例としては,相手方の不貞行為や暴力行為が挙げられます。生活費を入れないことによる悪意の遺棄や,暴言等による精神的虐待については,程度問題にはなりますが,実際に慰謝料が認められるまでのケースはほとんどありません。

また,性格や価値観の不一致等による離婚など,いずれか一方にのみ離婚に至った責任があるとは言えないような場合には,慰謝料は請求できません。

2 慰謝料の金額

離婚の際の慰謝料の金額は,事案により異なりますが,裁判所で認められる金額としては多くても300万円程度のようです。

慰謝料の算定の要素としては,離婚原因となった違法行為の違法性の程度,これによって被った精神的苦痛の程度,相手方配偶者の社会的地位や支払い能力,請求者の経済的自立能力,請求者側の責任の有無や程度などがあります。

※ 不貞の慰謝料請求に関する詳細は,こちらをご覧ください。
http://xn—-iju464m6gak1y4zd9ojg94fbxah44f.com/

離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP