離婚と氏名,戸籍について

第1 婚氏続称  

1 母の氏                                           婚姻により氏を変更した人は,離婚をすると旧姓に当然戻ることになります。ただし,結婚時の氏を離婚後もそのまま名乗っていきたい場合は,離婚の日から3ヵ月以内に,戸籍法上の「離婚のときに称していた氏を称する旨の届」を出せば,結婚していたときの氏を名乗ることができます(これを「婚氏続称制度」といいます)。                                           婚氏続称の届出の期間は,上記のとおり,離婚の日から3ヵ月以内とされていますが,この期間は,たとえば地震などの自然災害があったとしても延長されないと考えられています。              ただし,3ヵ月を過ぎたからといって必ずしも「そのままの氏が名乗れなくなる」ものではありません。仮に,離婚して3ヵ月以上経ってから,結婚していたときの氏を名乗りたいと思った場合は,「氏の変更許可の申立て」を家庭裁判所に対して行うことになります。                       この「氏の変更」が認められるためには,「やむを得ない事由」がなければならないとされています。「やむを得ない事由」とは,現在の氏により社会生活上で不利益が生じているなどの事情が必要です。    一般的には、離婚によって旧姓に戻った方が氏の変更をする場合や,婚氏続称をした人が旧姓にやっぱり戻りたい」という場合は,ほかの場合よりも認められやすい,というのが判例の傾向です。 

2 子の氏                                           父母が離婚した際には,子どもの戸籍はどうなるのでしょうか。父母が離婚しても,子どもの氏は当然には変更されません。離婚によって子どもの親権者が旧姓に戻っても,子どもの氏が変わるわけではありません。そのため,母親が親権者になり,かつ旧姓に戻った場合には,親権者である母親と子どもの氏が異なるということになります。

第2 離婚後の戸籍について

1 復籍について                                        婚姻により氏を改めなかった人は,離婚後も戸籍に変動はなく,そのままの戸籍にとどまります。これに対して,離婚によって旧姓に戻った人は,離婚を契機として,原則として婚姻前の戸籍に戻ります(これを「復籍」といいます)。

2 新しい戸籍の編製                                      例外的に,以下の場合には,復籍とならず,新しい戸籍に入ることになります。            ①婚姻前の戸籍が除籍されている場合                               ②婚姻前の氏に戻った人が新戸籍編製の申し出をする場合                      ③婚姻時の氏を名乗りたいとして婚氏続称の届け出を行った場合 

3 子どもの戸籍                                        子どもの戸籍については,離婚したとしても,自動的に親権者である親の戸籍に移動することはありません。                                              そして,子どもと親の氏が異なる場合,子どもは親の戸籍に入ることができません。          そのため,婚姻によって氏を改めた者が子どもの親権者になった場合には,子どもに自分と同じ氏を名乗らせない限り,自分と同じ戸籍に入れることはできないのです。                    そこで,婚姻によって氏を改めた親が親権者となり,子どもを自分の戸籍に入れたい場合には,家庭裁判所に対して「子の氏の変更許可(民法791条)」を申し立てて,子どもの氏を自分の氏と同じにする必要があります。                                           なお,親が婚姻前の戸籍に復籍した場合で,親がその戸籍の筆頭者ではない場合には,子どもがその氏を変更しても,その戸籍に入るわけではありません。この場合は,子どもの親を筆頭者とする新しい戸籍がつくられることになります。戸籍は夫婦および夫婦と氏を同じにする子どもごとにつくられることになっているため,親が復籍した戸籍の筆頭者がその親の両親(子どもにとっては祖父・祖母)であると,親,子ども,孫の三世代の戸籍になってしまい,戸籍法に反する事態になってしまうからです。

第3 養子縁組と戸籍

1 養子縁組をすると                                      養子縁組により、嫡出子と同じ身分を取得することになります。もっとも,実の父親との縁まで切れるわけではないので,実の父親との関係でも,扶養義務や相続権が消滅するということにはなりません。

2 子連れ再婚の戸籍                                      婚姻の際、どちらの氏を選択しても選択した氏で夫婦2人の新しい戸籍が作られます。          連れ子のいる母親が再婚した場合は,どうでしょうか。母が婚姻をし、夫の氏を選択した場合、母は,再婚相手と新しい戸籍を作ることになりますが,母の子は、母を戸籍筆頭者とする戸籍に一人残る事になり、子の氏は変わりません。                                      そこで,子を母(又は父)と同じ戸籍に入れる必要が生じてきます。この方法については,以下のとおり2とおりのパターンがあります。

①養子縁組をしない場合                                     家庭裁判所へ「子の氏の変更申立て」をした後、子の氏の変更許可の審判書の謄本を添えて、子の入籍届出をすることになります。

②養子縁組をする場合                                      この場合は,婚姻届後に養子縁組届出をすればよいです。

この場合,①②どちらの場合でも、子の氏は母(又は父)と同じになり子は母(又は父)と同じ戸籍に入ります

 

離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP