離婚条件について,口約束で済ませてしまおうと考えていませんか?

我々の経験上,「とにかく早く別れたい」「相手とのやり取りが苦痛」といった理由で, 離婚の条件を口約束で済ませてしまう方が多くいらっしゃいます。

しかし,離婚条件を書面にしていない場合,離婚した後で,「そんな約束はしていない」などと言われて,せっかく決めた約束を守ってもらえない,といったトラブルになることがよくあります。

「こんなはずじゃなかった。。。」と思ってもあとの祭りです。

そこで,このようなトラブルを防止するため,「公正証書」を作成することが極めて重要です。

「公正証書」は,公証役場という場所にご夫婦で出向いて,公証人と呼ばれる人との前で,離婚条件の内容に間違いがないかを確認した上で作成します。

相手と顔を会わせたくないと言う場合には,弁護士に依頼して,弁護士が代わりに公証役場に出向いて作成することもできますので,ご安心下さい。

もちろん,公正証書の作成には,公証人に支払う手数料が発生します。

このように,公正証書の作成には,時間と費用が掛かりますが,それでも公正証書を作成することには大きなメリットがあります。

1つめのメリットは,公正証書は,強い証拠になるということです。

公正証書は,公証人という公務員が作成するものです。

ですから,後になって「そんな約束はしていない」「この文書は偽造されたものだ」などと主張することはほぼ不可能になりますので,トラブルが防止できる,というわけです。

2つめのメリットは,相手が約束通りのお金の支払いをしない場合に,預金や給料の差押えが速やかにできることです。

これによって,「やっぱり払うのやーめた!」という相手方から強制的にお金を回収することができるのです。

なお,公正証書ではなく,単に離婚条件を紙に残したものを「離婚協議書」と言いますが,この離婚協議書で金銭の支払いを取り決めた場合は,お金を払ってくれない相手に対して,まず裁判を起こして判決を出してもらわなければ差し押さえができませんので,大変な手間がかかります。

そのため,養育費など,継続的にお金の支払いをしてもらう必要がある場合は,公正証書を作成しておくことを強くお勧めしています。

弊所では,公正証書作成について,過去のご相談や解決事例を踏まえて,皆さまの状況に応じた適切な内容を,ご提案させていただきます。

以下のプランをご用意しておりますので,まずはお気軽にご相談くださいませ。

<公正証書作成プラン>

料金:10万円(税別) ※公正証書作成実費は別途必要。

サービス内容:

当事者間で離婚することと離婚条件について合意しているケースにおいて,ご依頼者様の要望に沿った公正証書による離婚協議書を作成します。公証役場との間で離婚条件の文言等の調整も行います。

 

<離婚協議書作成プラン>

料金:5万円(税別)

サービス内容:

当事者間で離婚することと離婚条件について合意しているケースにおいて,ご依頼者様の要望に沿った離婚協議書を作成します。なお,弁護士による相手方との交渉は含みません。

 

離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP