[事例55]3年後にしか離婚しないと頑なな夫との離婚を受任後3か月で実現した事案

依頼者

50代女性会社員(茨木市在住)

相手方

50代男性会社員(福岡市在住)

結婚歴

約9年

別居の有無

夫が単身赴任中に,依頼者が自宅を出て別居

子ども

なし

主な争点

離婚するかどうか

解決までの期間

約3か月

IMG_0310

 

 

 

 

相談に来たきっかけ

依頼者は,夫との離婚を決意して,夫と協議しましたが,夫は3年後にしか離婚に応じないとの対応であり,依頼者は一日も早い離婚を希望し,弊所ホームページをご覧になられてご相談にご来所されました。

事案の概要

依頼者は,夫の単身赴任が長期間に及んだことなどもあり,夫婦関係が薄れ,婚姻関係を継続することに意味を見出せなくなり,離婚を決意するに至りました。夫はなぜか3年後であれば離婚するとのことでしたが,依頼者は直ちに離婚したいと強い希望を持っていました。依頼者は経済的な不安も多少はありましたが,経済的な問題は自分で何とかできると考え,いち早い離婚に価値を見出していました。

解決内容

依頼者は,一日も早い離婚を切望していましたので,金銭的請求はいずれも放棄した上で,協議離婚を実現しました。

解決のポイント

当方は離婚したくても,相手方が離婚したくないという場合,法律上の離婚原因がなければ離婚を押し進めることは難しくなります。もっとも,別居期間が相当期間長期に及ぶ場合には,「婚姻を継続しがたい重大な事由」として離婚が認められる可能性も出てきます。そのため,離婚を希望する場合には,同居を継続するのではなく,まずは別居に踏み切ることが離婚への第一歩と言えるかと思います。
 本件は,夫が長期の単身赴任でしたが,時々夫が自宅に戻ることもあったため,依頼者は離婚を念頭に,完全な別居とするめ,自宅を出ました。将来的に確実な離婚を希望する場合には,このようにまずは別居に踏み切る勇気も必要です。

40~50代の最新記事

サラリーマンの最新記事

女性の最新記事

年代の最新記事

性別の最新記事

職業の最新記事

解決事例の最新記事

離婚請求する場合の最新記事

離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP