[事例40]離婚に際し2000万円もの高額の慰謝料を請求されたが,解決金200万円で離婚した事案

依頼者

30代女性(会社員)

相手方

40代男性(自営業)

結婚歴

20年

別居の有無

1カ月

子ども

なし

主な争点

慰謝料の金額

解決までの期間

6カ月

IMG_0310

 

 

 

 

相談に来たきっかけ

離婚することには合意しているものの,夫から慰謝料として2000万円もの高額な金額を請求されて,ご相談に来られました。

事案の概要

依頼者は複数の男性と不貞行為を行ったことが夫に発覚したことで,離婚の話が持ち上がりました。
夫は慰謝料の相場と不貞相手の人数を掛け合わせて,高額すぎる慰謝料の金額を請求するとともに,離婚後の依頼者の行動を制限する約束を求めました。
他方,依頼者は夫の会社に貸した金銭を返してもらいたいとの希望がありました。

解決内容

当初は協議離婚サポートプランで受任しましたが,精神的負担が大きいことから,協議離婚交渉代理プランに移行しました。
妥当な慰謝料の金額と,依頼者が夫の会社に貸しつけた金銭を清算した上で,依頼者から夫に対し,解決金として200万円を支払い,離婚後の行動制限等はしない形で協議離婚となりました。

解決のポイント

不貞相手が複数人であっても慰謝料の金額は夫が主張するような高額にはなり得ないことを主張しました。
その上で夫の会社に貸し付けていた金銭は実際は証拠等が不十分であり,夫の会社への貸付けであることから,夫の請求する慰謝料との清算は難しいと考えられましたが,本件の事実関係から夫への貸付けであると法的に構成し,夫から請求された慰謝料と夫の会社への貸付金を実質的に清算しました。
そして,依頼者は自らの行為の責任を感じていたため,解決金として200万円を支払うことにより解決に至りました。

不倫・不貞の最新記事

慰謝料の最新記事

解決事例の最新記事

離婚請求された場合の最新記事

離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP