[事例43]不当な婚約破棄だとして,500万円の慰謝料を請求されたが,150万円で解決した事案

依頼者 30代会社員男性
相手方 20代会社員女性
別居の有無 依頼者の不倫発覚後に別居
主な争点 婚約破棄に政党な理由があったか、慰謝料の金額
解決までの期間 5か月

IMG_0310

 

 

 

 

相談に来たきっかけ

合意により婚約解消をしたと認識していたが、相手方の弁護士から慰謝料500万円を請求する内容証明郵便を受領したため来所。

事案の概要

依頼者と相手方は4年近くの交際期間を経て、互いの親族を紹介したり、結婚式場を下見に行ったり、両家顔合わせなどをしていましたが、婚約後金銭的な価値観の相違などから、依頼者は相手方に対し、誠実に婚約解消を求めていましたが、相手方が話合いに応じてくれなかったことから、連絡をとらなくなっていました。
そして半年以上経過したところ、突如相手方の弁護士から慰謝料500万円を請求する旨の内容証明郵便が届きました。

 

解決内容

解決金として,依頼者から相手方に対し、150万円を一括で支払うこと、解決後は、双方ともに親族を含め連絡を取らない旨の合意書を取り交わし、解決に至りました。

 

解決のポイント

婚約がいったん成立したとなると、その約束には拘束力が生じ、一方の意思だけでは婚約の解消はできません。裁判所は、一方からの婚約破棄には正当な理由がなければならないという厳しい立場ですので、相手方の同意が得られずに婚約を破棄したとなると、慰謝料を払うべき場合が生じることになります。

本件では、正当な理由を主張はしましたが、現実的に裁判所で認められる可能性は少なく、依頼者としてもできる限り早期の解決を望みましたので、これまでの裁判例で認められた慰謝料の金額を参照しながら、相手方との交渉を行いました。

最終的に合意書を取り交わすにあたっても、依頼者は今後相手方から連絡があることなどは避けたいなどの強い希望もありましたので、これらを反映した合意書を作成し、依頼者は安心感を得たようです。

お客様の声

アンケート

事務局スタッフの対応はいかがでしたか?

満足

弁護士の対応はいかがでしたか?

満足

当事務所の対応等全般について感じたことを、ご自由にご記入ください。

現代っ子にとってはメールの返信が遅かったり、なかったりするとメールを読んでくれて、内容を把握してくれているのか不安があるので返信があると尚ありがたかったです。自分の主張を分かりやすく相手に伝えてくれてよかったです。

 

不倫・不貞の最新記事

慰謝料の最新記事

解決事例の最新記事

離婚できるかお悩みの方へ 072-702-7101
QRコード
動画でわかるやさしい法律講座

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
弁護士法人 H&パートナーズ大阪梅田支店のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP